ガス取り扱いは注意

ガス抜きと火災について

スプレー缶使用の情報

スプレー缶を捨てる時のガス抜き

スプレー缶の使用後、捨てる時にガスを抜かないといけないという話を聞いた事はありますか。抜いておかないとゴミ収集の時に収集車の中で爆発が発生という事が過去に起きた事があったためです。その為、すてるときには、必ず、抜いておくように指導する自治体がありました。しかし、いざ市民が自分ではさみや釘を使ってやってみたところ、引火や爆発が発生した事例がありました。その為、市民自らガスを抜くのは危険という判断から今では、そのまま捨てていいと指導する自治体もあります。スプレー缶を捨てるときは、各自治体のやり方にあわせて捨てるようにして下さい。

スプレー缶を火の側で使うと危険

普段何気なく使っているものでも使い方を間違えると思わぬ災害を引き起こす事があります。殺虫剤もその一つです。キッチンでガスコンロに火をつけている最中に側で殺虫剤を使うと、殺虫剤に引火して火災になることがあります。スプレー缶の中には可燃性の気体がつまっているので引火するのです。不用意に使ってしまいがちですが、殺虫剤を使う時は必ずコンロの火を止めて使うようにします。使用した後は換気扇をまわしたり窓を開けて換気することが大切です。またスプレー缶をガスコンロのすぐ近くに置いていると、中の気体が温まって膨張し爆発をおこすことがあります。