ガスと圧力の関係

ガスと圧力の関係性の事

スプレー缶使用の情報

強火のガス調理に適した圧力

中華料理店やレストランでの調理のように、ガスコンロで高温の火を使用できるようにするには、圧力を高くする必要があります。高くするといっても家庭での限界は定められていて、3.3キロパスカルまでになっています。言い換えれば、3.3キロパスカルの圧力に近づけられれば、高温の状態で、理想的な強火を得られるようになるというわけです。ガスでの調理は、強火による炒め物に有利となるように設定できます。設定は、給湯器とコンロの両方で調整できますので、どうしても強火の火加減に納得がいかない場合は、契約している会社に相談してみましょう。

圧力の単位のキロパスカル

ガスが安定して供給されるためには、正常な圧力で送ることが可能な機能が必要になります。単位はキロパスカルといいます。キロパスカルは、kPaと表記されます。基本的には高圧か、もしくは中圧ということになります。送られてくる機器の入り口部分でも、正常に点火されて、ガスが燃焼するために、圧力が必要になります。送られてくる機器というのは、住宅のキッチンということです。住宅の機器の入り口では、低圧になるよう調整されています。住宅の機器の入り口部分は、内管と呼ばれていますが、住宅の手前部分では、低圧導管と呼ばれる配管が施工されていて、メーターに繋がっています。