ガスコンロの安全対策

センサーつきのガスコンロ

スプレー缶使用の情報

ガスコンロの安全装置

ガスコンロの中には安全装置がついているものがあります。料理を作っている時に、火をつけたままその場を離れてしまって鍋を焦がしてしまうことがあります。天ぷらなどを作っているときには鍋に火が入り火災になってしまうこともあり大変危険です。安全装置がついているガスコンロはセンサーがついており、鍋が過熱されて一定以上の温度になると自動的に火が消える仕組みになっています。うっかり火をつけたままその場を離れてしまうことがあっても、火災に発展することがないので安心して使用することができます。そのほかにも様々な機能がついたものが発売されています。

安全装置についての解説

コンロには、料理中に吹きこぼれた場合や鍋が熱くなりすぎた場合に自動的に火が消える安全装置があります。しかし、電気のブレーカーのような大元をとめる安全装置があるか疑問に思った事はありますか。実は、あります。ガスメータがその役割をします。使われ方が異常であったり、震度5相当以上の揺れを感知した時にメーターが自動的に止めます。また、漏れの疑いがある場合は、メーカにより異なりますが、メーターの中央少し上にあるランプが赤く点滅します。その場合は、一度契約先に電話をして相談してください。ガスの復旧方法等を含め確認する事をお勧めします。