環境に配慮した給湯器

給湯器のガスと電気の違い

スプレー缶使用の情報

寒冷地で給湯器を使うなら

寒冷地では暖かいお湯は欠かせません。特に冬場には使用頻度は大変高くなります。給湯器は、主にガスと電気に分けられますが、ガスは使用する時にだけCO2を発生させますので、電気を作る際に発電所において発生するCO2の量を考えれば、ガスの方が環境に配慮しているということになります。また、電気に比べてガスの方が熱効率が良いため、寒冷地で給湯器を使うのであれば、ガスをお勧めします。他にも安価な石油式のものやガスと空気の熱を利用するハイブリッド式などもあります。費用面、環境面などを考慮して比較してみると良いでしょう。